Link HXP

お小遣い稼ぎ

Link HXP
最初に

あなたがインターネットで、お小遣いを稼ぎたいとします。
でも、ちょっと待ってください。
あなたはちゃんと必要な知識を身につけましたか?
お小遣いを稼ぎたいと思う人を逆手にとった罠が存在します。
多くの場合は思うように稼げませんし、個人情報が流失しかねません。
メールアドレスがあれば参加できるものも多いですが、メールアドレスには使い捨てしてもいいものを遣いましょう。
いくつもの業者に参加することもありますから、プロバイダーのメールアドレスなど重要なメールアドレスは使用しないようにしましょう。
後からいろいろな迷惑メールに悩まされかねません。
なぜいくつもの業者に参加するのかは、ひとつの単価が安いからだったり他の業者の方が高かったりで転々とすることが少なくないからです。
基本的にはどこも無料で参加できるので、簡単に参加できます。
どこが自分に合うかをしっかり探してみましょう。

Link HXP
準備

まず必要な環境ですがパソコンでココを見ていることを含めると、後はメールアドレスと報酬を受け取る銀行口座ですね。
メールアドレスはフリーメールが存在しますから、そこを利用しましょう。
銀行口座は大手銀行であれば殆どが対応していますのでご確認下さい。

銀行口座を持っていない、持っているけど使い分けたいなどの理由がある場合はジャパンネット銀行(JNB)がお勧めです。
口座の開設までは少し時間がかかるので、まだお持ちでない方は用意しておくことをお勧めします。
24時間インターネット上から振り込んだりもできるので、便利です。
直ぐに口座が必要になることもないので、開設していなくてもお小遣いは稼げます。
他にも報酬を金券などの形で支払われる場合もあります。

Link HXP
メールでお小遣い

おすすめ度:小
収入:小

メールでお小遣いを稼ぐ場合は、参加した業者から届くメールを受信するものが殆どです。
受信したメールに書かれてあるURLをクリックするとポイントが加算されていきます。
簡単なことでお小遣いを稼げますが、1通の単価は1円くらいです。
業者によりますが、1日に1~3通届くくらいなのでお小遣いとしても微妙です。
それで多くの業者に参加する人もいますが、作業工程を考えても私はお勧めしません。
メールでお小遣いを稼ぐ場合は、メールアドレスさえあれば直ぐに参加できます。
気になる人は参加してみてください。

Link HXP
懸賞でお小遣い

おすすめ度:中
収入:無-極大

インターネットで開催されている懸賞については、お勧めできる部分があります。
懸賞を実施している業者側でかかる費用が、一般的な懸賞にくらべて安く多数の懸賞が実施されています。

インターネットでの懸賞の場合は当りやすいと言われていますが、そんなことは決してありませんので注意してください。
近年インターネット人口が増え、参加対象者もハガキなどの比ではなくなっているからです。
それでもハガキなどでの投稿に比べれば簡単に参加できますし、インターネット上には膨大な懸賞サイトがあります。
投稿も簡単に直ぐできるので、たくさん参加すればいずれは当たります。
数打てば当たるということです。
それでも高額商品は難しいので、最初は「応募者全員」や「当選人数枠の多い」懸賞に応募しましょう。
注意する点は、個人情報が漏れることです。
大丈夫とおもっていても多数の応募をするのですから、漏れない訳がありません。
その心構えがない人は参加しないほうがいいでしょう。

Link HXP
アンケート(モニター)でお小遣い

おすすめ度:小
収入:小

アンケートに答えてポイントや、商品がもらえます。
アンケート1つの単価は幅も広く数円から、業者側から信頼されていれば数千円になります。
アンケートの項目も少ないものから多いものまでさまざまです。
全てに正確に答えないとアンケートにはなりませんし、いい加減な回答をすると依頼もなくなりますのでご注意ください。
アンケート内容は答えられないものではなく、一般的なものなので誰でも回答できます。
インターネットでお小遣いを稼ぐ中では比較的大変なものかもしれません。
きちんと応えていると高額アンケートを依頼されたりするそうなのですが、そこまでが大変ですね。

Link HXP
ホームページでお小遣い

おすすめ度:大
収入:中

ホームページに広告を掲載する簡単なものです。
最初に注意しておきますと、ユニークアクセス数が1日1000に満たないホームページではまともな収入は難しいかもしれません。

報酬が発生する条件は大きく2つあります。クリック型と成功報酬型です。
クリック型は広告をクリックした時に報酬が発生します。
一般的には1クリック1円から数円程度なので、お勧めできません。
アクセス数が1万を超えるなど、大規模なホームページ向けになります。
成功報酬型の場合は広告をクリックした人が、商品の購入や契約などをおこなった際に報酬が発生します。
報酬も広告主によって色々ありますが、多くの場合は「何%」となっていることが多いです。
成功報酬の場合はホームページに合う広告を掲載することで、アクセス数が少なくても収入を狙うことができます。

参加する場合はホームページの審査がおこなわれるところもありますが、アダルト、違法行為にかかわっていなければ通る簡単なものです。

近年、広告事業が盛んである為、インターネットを利用する側も広告には自然と目を背ける傾向があります。
広告収入も難しくなってきているのも事実なので、はじめは期待しないほうがいいでしょう。
また、ホームページのイメージを損なうなどのデメリットも発生しますので、表示する広告や広告数にも気をつけましょう。

Link HXP